サイトマップお問合せヘルプ
シラバス
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • ※平成29年度学生募集停止
    • オープンキャンパス
    • 名大の研究指導
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 教養教育院 >
  3. 科学・技術の哲学 >
  4. シラバス
授業ホームシラバス講義資料

授業のねらい

17世紀以降発展してきた西洋流の自然科学の成功は否定することができない。しかし、この成功の副産物として、怪しげな主張が「科学」の装いをまとうことで受け入れられようとする、いわゆる疑似科学が多く見られるのも事実である。しかし、では何が科学で何が疑似科学かという問に答えるのは一見して考えられるほど容易ではない。
本講義では、科学哲学の観点からこれらの疑似科学とよばれるものを分析することを通じて、科学とは何か、科学的思考とは何か、ということについて理解を深めてもらう。とりあげる事例としては、テキストで挙げている創造科学、超心理学、占星術、代替医療などのほか、随時その他の事例を補っていく。科学哲学の側の分析の観点としては、理論の検証の問題、科学的実在論の問題、パラダイム変換の問題などをあつかう。

授業の進め方

スケジュールはスケジュール表を参照。該当する教科書の節は授業の前または後に各自読んでおくこと。授業ではテキスト自体の解説というよりは、テキストの内容を補足するような話を行います。

教科書

伊勢田哲治『疑似科学と科学の哲学』名古屋大学出版会、2003年

参考書

戸田山和久『科学哲学の冒険』NHKブックス、2005年

担当教員

伊勢田哲治
研究室 情報科学研究科棟204号室

スケジュール

講義内容
1 科学哲学とは何か
(教科書 序章)
2 創造科学とID論
(教科書 第一章第一節)
3帰納主義と反証主義
(教科書 第一章第二節)
4 精神分析学の科学性
(第1回レポート課題配布)
5 過小決定の問題
(教科書 第一章第三節)
6 占星術・錬金術と天文学・化学
(教科書 第二章第一節,第1回レポート提出)
7 新科学哲学
(教科書 第二章第二節・第三節)
8 常温核融合
(第1回レポート返却)
9 科学的実在論論争
(教科書 第三章第二節・第三節)
10 科学的実在論論争
(教科書 第三章第二節・第三節)
11 代替医療
(教科書 第四章第一節,第2回レポート課題配布)
12 科学の相対性
(教科書 第四章第二節、第三節)
13 信じやすさの心理学
(教科書 第五章第一節,第2回レポート提出)
14 確率的思考
(教科書 第五章第二節、第三節、まとめ,第2回レポート返却)
15まとめ・期末試験

成績評価

レポート各25パーセント、期末試験50パーセントの比重で行う。全体として60パーセント以上をとることが単位発行の条件である。

レポート
本授業ではレポートを2回課す。詳しくは〆切2週間前に配布されるレポート課題参照。
期末試験
期末試験は、授業であつかった内容から、短文解答形式で知識を問う問題を出題する。
最終更新日:2007年02月05日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/