サイトマップお問合せヘルプ
シラバス
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • ※平成29年度学生募集停止
    • オープンキャンパス
    • 名大の研究指導
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 国際言語文化研究科 >
  3. 応用言語学特殊研究a >
  4. シラバス
授業ホームシラバス講義資料

授業の目標

日本語の副詞について、先行研究の系譜を踏まえてその機能上の特質を明らかにし、いかなる問題が存在するか、またそれに対していかなる分析のアプローチが可能であるかを探る。

授業の内容

授業は一貫して最近の論文を素材とする演習形式で行い、受講者には毎週論文の内容に関連して担当教員が用意する設問に対する解答の提出、発表、およびそれらを踏まえた活発な議論が求められる。これらの作業を通じて、様々な論文を批判的に読みこなす応用力、および先行研究における問題点の発見を出発点として、新しい研究テーマの設定や考察に結び付けていく実践力が養われることとなろう。

今期は陳述副詞と程度副詞の名詞修飾を中心に扱う予定である。主なトピックは次の通りだが、細部において受講者の希望に沿った形での変更もあり得る。

  1. 副詞という品詞の浮動性
  2. 主な文法学説における副詞の取り扱い
  3. 副詞の下位分類
  4. 連用修飾ということ
  5. 副詞の呼応に関わる諸問題
  6. アスペクトの規定に関わる副詞
  7. モダリティの規定に関わる副詞
  8. 程度副詞の名詞修飾

教科書

なし。授業ではハンドアウトおよび論文のコピーを配布する。

参考文献

授業中に指示する。

履修条件

特になし。応用言語学特殊研究a(前期)とb(後期)は全く独立した内容ですので、どちらか一方のみの受講も歓迎します。

成績評価

毎週の設問に対する解答レポート(70%)、講読論文のレジュメ作成および発表(20%)、発言を含めた授業への貢献度(10%)。

学期末のレポートや試験は一切課さないが、その分毎週の授業における取り組みを重視する。

最終更新日:2014年10月27日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/