授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 国際言語文化研究科 >
  3. 応用言語学特殊研究a >
  4. 授業ホーム
授業ホームシラバス講義資料

Loading the player...

開講部局:国際言語文化研究科

奥田智樹 准教授

応用言語学特殊研究a

授業時間 2014年度前期金曜1限
対象者 大学院生
2単位、週1回全15回

授業の内容

日本語の副詞について、先行研究の系譜を踏まえてその機能上の特質を明らかにし、いかなる問題が存在するか、またそれに対していかなる分析のアプローチが可能であるかを、受講者の方たちと探りたいと思います。

授業の工夫

この授業は、日本語学でしばしば話題になり、院生の方が研究対象に選ばれることの多いテーマを取り上げ、なるべく新しい生の論文を教材として一貫して演習形式で行っています。授業は、当該の論文の中で問題になりそうな部分についてこちらで設問を作成して、前の週に受講者の方たちにメールでお送りしておき、授業の前日までに全員にその解答をメールで提出していただいた上で、その解答を順次全員で検討していくという形で進めています。

このように受講者の方たちにあらかじめ設問に対する解答を準備しておいていただくことで、毎回全員の方に無理なく積極的に発言していただける教室環境を実現しています。また、事前にお一人お一人に考えをまとめておいていただくことで、難しい問題であっても直ちに内容を掘り下げた活発な議論を行うことが出来、限られた授業時間を最も効率よく使っていることを自負しています。

どれほど完成度が高いとされる論文でも、二度三度と精読していけばどこかに何らかの「弱点」が見えてくるものですが、それを正当に批評し、問題点を克服した上で自分なりのオリジナルな主張に結びつけていく作業には相当な苦労が必要です。論文を書く際に誰でも経験するこうした「生みの苦しみ」の過程を、この授業を通じて受講者の皆さんとご一緒に追体験できたらと考えています。

最終更新日:2014年10月27日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/