サイトマップお問合せヘルプ
講師紹介
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • ※平成29年度学生募集停止
    • オープンキャンパス
    • 名大の研究指導
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 退職記念講義アーカイブ >
  3. 退職記念講義2013 >
  4. 最終講義 - 甲状腺学と三十三年間 研究を続ける切っ掛けとなったいくつかの出来事 >
  5. 講師紹介
授業ホーム講師紹介講義資料

講師紹介

村田 善晴 (むらた・よしはる) 環境医学研究所教授

学歴

  • 1976年03月 金沢大学 医学部 医学科 卒業

職歴

  • 国立名古屋病院内科研修医 , 1976年06月 〜 1978年03月
  • 静岡県農業協同組合連合会遠州総合病院内科医員 , 1978年03月 〜 1979年03月
  • 浜松医科大学医学部第三内科医員 , 1979年04月 〜 1981年03月
  • シカゴ大学医学部リサーチアソシエート , 1981年03月 〜 1984年08月
  • 名古屋大学環境医学研究所, 1984年08月 〜 2014年03月

取得学位

  • 医学博士 , 論文 , 1989年02月

研究分野を表すキーワード

  • 甲状腺ホルモン、遺伝疾患、発症機序、分子生物学、分子遺伝学

専門分野

  • 分子生物学
  • 内分泌学

科学研究費補助金

  • 脳の発達・機能に及ぼす甲状腺ホルモン作用の分子機構の解明 , 基盤研究(B),課題番号:14370324 , 2002年04月 〜 2005年03月
  • ZAKI−4遺伝子を標的とした統合失調症の脆弱性遺伝子解明へのアプローチ , 萌芽研究,課題番号:16659301 , 2004年04月 〜 2006年03月
  • カルシニューリン調節蛋白を介した甲状腺ホルモンの骨形成・代謝に及ぼす作用 , 基盤研究(C),課題番号:19591074 , 2007年04月 〜 2009年03月
  • 日本建築学会賞(論文), 2004年
  • 転写因子ARXの膵島および腸管内分泌細胞に於ける役割の解明 , 基盤研究(C) , 2011年04月 〜

学術論文等

  • Ectopic expression of GIP in pancreatic β-cells maintains enhanced insulin secretion in mice with complete absence of proglucagon-derived peptides. Diabetes , Fukami A, Seino Y, Ozaki N, Yamamoto M, Sugiyama C, Sakamoto-Miura E, Himeno T, Takagishi Y, Tsunekawa S, Ali S, Drucker D J., Murata Y, Seino Y, Oiso Y, Hayashi Y , Diabetes , 62巻 (頁:510-518) , 2013年
  • Fertility and pregnancy-associated β-cell proliferation in mice deficient in proglucagon-derived peptides. , Sugiyama C, Yamamoto M, Kotani T, Kikkawa F, Murata Y, Hayashi Y , PLoS ONE , 7巻 (頁: e43745) , 2012年
  • Mice lacking the calcineurin inhibitor Rcan2 have an isolated defect of osteoblast function. , Bassett J. H. D, Logan J G., Boyde A, Cheung M S., Evans H, Croucher P, Sun X-Y, Xu S, Murata Y, Williams G R. , Endocrinology , 153巻 (頁:3537-3548) , 2012年
  • Isolated growth hormone deficiency in two siblings due to paternal mosaicism for a mutation in the GH1 gene , Tsubahara M, Hayashi Y, Niijima S, Yamamoto M, Kamijo T, Murata Y, Haruna H, Okumura A, Shimizu T , Clinical Endocrinology , 76巻 (頁:420-424) , 2012年
  • Remodeling of hepatic metabolism and hyperaminoacidemia in mice deficient in proglucagon-derived peptides , Watanabe C, Seino Y, Miyahira H, Yamamoto M, Fukami A, Ozaki N, Takagishi Y, Sato J, Fukuwatari T, Shibata K, Oiso Y, Murata Y, Hayashi Y , Diabetes , 61巻 (頁:74-84) , 2012年

受賞学術賞等

  • 日本甲状腺学会三宅賞 , 2009年11月04日 , 日本甲状腺学会 , 日本国
  • 日本甲状腺学会七条賞 , 1991年 , , 日本国

所属学会等

  • The Endocrine Society , アメリカ合衆国
  • American Thyroid Association , アメリカ合衆国
  • 日本内科学会 , 日本国
  • 日本内分泌学会 評議員 , 1990年04月 〜 , 日本国
  • 日本甲状腺学会 理事 , 2003年04月 〜 , 日本国

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/