授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 環境学研究科
    • 情報科学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 教養教育院 >
  3. スペイン語 1,2 >
  4. 授業ホーム
授業ホームシラバス

Loading the player...

開講部局:教養教育院

西村秀人 准教授

スペイン語 1,2

授業時間 2013年度前期月曜3限 木曜2、3限
対象者 文系学部
情報文化学部(自然)
医学部
理学部
農学部
工学部

1.5単位、週1回全15回

講義概要

授業はスペイン語の統一教科書「エクセレンテ!」を使って進められます。

第I期(1年前期)は、スペイン語1とスペイン語2両科目2名の教員が連携し集中的に講義を行い、初期の比較的短い期間の内に、特に基礎文法を中心としたスペイン語の全体像を先ず学習者に与えることが目標です。

発音、アクセントを早々に終え、スペイン語の特徴であり、日本人学習者にとっては難関でもある動詞の活用を軸にさまざまな表現を勉強していきます。予習を原則とし、授業中に例文の意味や練習問題の解答を確認していきます。

授業の工夫

私の授業では文化とのつながりを大事に考えています。実際に現地の新聞を読んだり、雑誌記事を読んだりできるようになるのは初級を終えてからなので、むしろスペイン語圏の幅広さと多様性に触れてもらうことが重要だと考えています。

私はもともと音楽文化の研究者なので、授業の途中もしくは最後の10分程度を使って、ラテンアメリカ各国の代表的な音楽文化の映像を紹介しています。言葉は聞き取れなくても、人々の顔つき、気候、衣装、街並みなどをみてもらえば、いかにスペイン語が多様な地域で使われているのかを理解してもらえると思います。これほど異なる文化を持つ人々の共通語として機能していると事実からスペイン語に興味を持ってもらうのは良いことだと思っています。ラテンアメリカ出身者のTAがついている授業では、それぞれの出身国や地域の紹介を、2週に1回ぐらいのペースでテーマ別にやってもらっています。

以前に比べるとラテンアメリカ出身の日系人が日本に働きに来ていたり、アメリカ合衆国におけるヒスパニック人口の増加などもあって、スペイン語を選択する学生の動機もより明確なものになっているように思えます。共通教科書の良い部分を生かして、「異文化の思考」の原点である言語を学ぶということの意味を伝えていきたいと考えています。

最終更新日:2014年11月24日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/