授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 教育学部・教育発達科学研究科 >
  3. 教育社会学講義II >
  4. 授業ホーム
授業ホームシラバス講義資料

開講部局:教育学部・教育発達科学研究科

内田良 准教授

教育社会学講義II

授業時間 2012年度後期火曜4限
対象者 教育学部3年生以上
2単位、週1回全15回

授業の内容

「教育社会学」のおもしろさに迫るために、授業では次の3つのことにこだわります。

第一に、「学問」(discipline)にこだわります。社会学あるいは教育社会学の理論や考え方とはどのようなものか、さまざまな例を用いながら、またときに教育学や心理学との比較をおこないながら、描き出していきます。

第二が、「調査」(research)にこだわります。社会を知るには調査が不可欠です。ただしこの授業では、社会調査の技術をマジメに学ぶことはありません。調査の危うさや裏側を学ぶ(=「黒」を知る)ことをとおして、調査の基礎的な考え方を習得する(=「白」を知る)ことを目指します。numeracyを鍛える場です。

第三が、「常識」(common sense)にこだわります。私たちは社会の成員である以上、誰でも社会について容易に語ることができます。したがって、社会学がそうした語りに準じていては、学問になりません。皆が容易に語る「常識」からはみえてこない、もう一つの社会の姿に到達すること、これが社会学の最大の魅力です。

授業では、上の3つのこだわりを柔軟に使いこなしながら、教育と社会の新しい世界像へと迫っていきます。

授業の工夫

“授業はライブ”です。情報伝達は一方的ではありません。私からの問いの投げかけと、みなさんからのリアクション、さらにはそれに対する私からの追究・・・

各回プリント(A4判で2枚程度)を配付し、そこにテーマに関連する問いがいくつか並んでいます。授業時に教室の中を歩きながら問いを出し、それに対するみなさんの考えをピックアップし、さらにそこから問いを深めるという双方向のやりとりとともに、授業はライブ感覚で進んでいきます。

授業の最後には、リアクション・ペーパー(匿名可)を提出してもらいます。そのいくつかについて次の回に口頭でコメントを返して、授業内容の理解を深めるとともに、知識の定着を図ります。授業は全体の15回をとおして、知識がさまざまな箇所でリンクするよう意図的に構成されています。いつでも前の回の内容が参照できるよう、各自でファイルを用意し、配付プリントを綴じていくことをおすすめしています。

最終更新日:2013年01月10日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/