サイトマップお問合せヘルプ
シラバス
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • ※平成29年度学生募集停止
    • オープンキャンパス
    • 名大の研究指導
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 情報文化学部 >
  3. 複雑系科学演習1 >
  4. シラバス
授業ホームシラバス講義資料

担当教員

名古屋大学 大学院情報科学研究科 複雑系科学専攻
複雑系計算論講座
教授 畔上秀幸
教員室:情報科学研究科棟 202

参考書

ビジュアル情報処理CG・画像処理入門, CG-ARTS協会 / ディジタル画像処理, CG-ARTS協会 / 有限要素法概説, 菊地文雄著,サイエンス社, 1999

本授業で使用する主な参考資料・文献

  • ビジュアル情報処理CG・画像処理入門, CG-ARTS協会
  • ディジタル画像処理, CG-ARTS協会
  • コンピュータグラフィックス 理論と実践, James D. Foley, Steven K. Feiner, Andries van Dam, John F. Hughes: 佐藤 義雄 (訳), オーム社, 2001.
  • CAD/CAM/CGのための形状処理工学入門,嘉数侑昇,古川正志著,森北出版,1995.
  • 3次元CADの基礎と応用, 鳥谷浩志,千代倉弘明 編著, 共立出版, 1991.
  • 3次元CGの基礎と応用, 千葉則茂,土井章男著, サイエンス社, 2004.
  • OpenGLプログラミングガイド, OpenGL Architecture Review Board Manson Woo, Jackie Neider, Tom Davis, ピアソン・エデュケーション, 2000.
  • 3次元形状処理入門ー3次元CGとCADへの基礎ー,今野晃市著,サイエンス社,2003.
  • 有限要素法概説, 菊地文雄著,サイエンス社, 1999

課題

  1. 2次元CG (第4回)

    これまで学んだ2次元CGに関するプログラミングの知識を応用して、2次元図形を描くプログラムを作成せよ。

  2. 3次元CG (第7回)

    これまで学んだ3次元CGに関するプログラミングの知識を応用して、3次元プリミティブで構成された3次元CGを描くプログラムを作成せよ。

  3. 自由曲線 (第12回)

    これまで学んだ曲線描画に関するプログラミングの知識を応用して、各自のイニシャルなどのアルファベット1文字のアウトラインを描くプログラムを作成せよ。ただし、I, L, T などの直線のみで構成されるサンセリフ体は不可とする。
    プログラム例 課題3 (C ソースコード, 10KB)

スケジュール

講義内容
1 ガイダンス,第1部 コンピュータグラフィックス 1章 コンピュータグラフィックスとは,2章 C言語によるプログラミングの基礎,3章 OpenGLとは何か
2 4章 色の表現,5章 CGで使われる変換
3 6章 3次元形状のモデリング
4 7章 レンダリング,8章 アニメーション
5 9章 自由曲面の表現
6 第2部 数値解析 1章 はじめに−微分方程式と近似解法
7 2章 微分方程式と変分原理, 3章 Ritz-Galerkin法
8 4章 簡単な1次元有限要素モデル
9 5章 簡単な2次元有限要素モデル
10 6章 連立1次方程式の解法, 7章 有限要素法のプログラミング
11 8章 いろいろな有限要素モデル, 9章 アイソパラメトリック要素
12 10章 数値解析結果の可視化
13 課題
14 課題
15 課題

成績評価

コンピュータグラフィックスについては創作の課題を課す.数値解析については,毎回レポートを課す.

最終更新日:2007年01月15日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/