サイトマップお問合せヘルプ
授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 退職記念講義アーカイブ >
  3. 退職記念講義2011 >
  4. 最終講義 - Characters, character sheaves and beyond >
  5. 授業ホーム
授業ホーム講師紹介講義資料

開講部局:多元数理科学研究科

庄司俊明 教授

最終講義 - Characters, character sheaves and beyond

授業時間 2011年度退職記念講義
日時 2012/3/14 13:00-14:00
場所 多元数理科学研究棟(理1号館)5階509号室

表現論の流れに身をまかせ

私が大学院生だった1970年代の中頃、ドリーニュトルスティックによるプレプリントが廻ってきた。電子メールなどなかった当時、コピーを重ねて薄汚れたその論文は、有限簡約群の表現論に関する重要な予想を全く新しい手法で解決した劃期的な論文だった。そこで使われた幾何的手法は当時の有限群の表現論の常識を打ち破る斬新なもので、我々にはまるで天上の世界の論理のように思えたのだった。有限簡約群の表現論の最も重要な問題である、既約表現の分類とその指標の記述は、その後ルスティックの主導のもと1980年代から1990年代にかけておおむね完成した。

私は、どういう巡りあわせか研究の初期段階からルスティックの仕事につきあうことになり今に至っている。1970年代前半の深い霧に覆われた、混沌と焦燥の時代を私は懐かしく思い出す。そこには立派な理論があり、予想もあるのに、 頂きに至る道は途絶えていた。我々はなすすべもなくまどろんでいた。そしてその後に激動の時代がやって来た。実際、80~90年代に表現論の多くの分野で爆発的な発展がみられ、それらを統合する新世界が嵐の中に出現したのだった。このような沸騰する時代の中で研究生活を送り、多少なりとも自分の役割を果せたことを私は幸せに思う。

私はこの3月で定年だが、数学者に定年はない。数学者は死ぬまで数学者でいるしかないだろうから、私は自分の夢を追い続けることにしよう。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/