授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 国際言語文化研究科 >
  3. 第二言語習得研究概論a:第二言語習得研究の理解 >
  4. 授業ホーム
授業ホームシラバス講義資料

Loading the player...

開講部局:国際言語文化研究科

稲垣俊史 准教授

第二言語習得研究概論a:第二言語習得研究の理解

授業時間 2011年度前期水曜3限
対象者 国際言語文化研究科・日本言語文化専攻(博士課程 前・後期)

2単位、週1回全15回

講義目的

第二言語習得 (second language acquisition / SLA) 研究を概観し、SLAとはどんな学問分野であるか、今までどんなことが明らかにされてきたかを理解する。

授業の工夫

  • 教科書を予習する際押さえておくべきポイントを質問形式にまとめた "Study Guide" を作成し、予習の便宜をはかる。
  • 講義では、教科書で紹介された研究のうち重要と思われるものに関してさらなるデータを示したり、関連する研究を紹介したりして、教科書「を」教えるのではなく、教科書「で」教えるよう努める。
  • 受講者に自分が興味のある論文を選ばせ、授業中に10分で発表させる。これにより学生の授業参加を促すとともに、研究に対する自立性を促し、最終的に論文の批評という形で期末レポートへと発展させる。

この結果、以前よりも学生の参加を促すことはできたと思うが、SLAの基礎を身につけさせるという目標に関してはまだ改善の余地があると感じている。来年度は、期末テストを導入してその点の改善に努めたい。

最終更新日:2012年03月08日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/