授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 環境学研究科
    • 情報科学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 法学部・法学研究科 >
  3. 先端分野総合研究(外国人と法) >
  4. 授業ホーム
授業ホームシラバス講義資料

開講部局:法学部・法学研究科

小畑郁 教授

先端分野総合研究(外国人と法)

授業時間 2011年度前期火曜1限
対象者 法学研究科実務法曹養成専攻(法科大学院)

2単位、週1回全15回

講義概要

  1. 現代日本における外国人に対する法政策は、第2次世界大戦後の東アジアの国際状況を背景に形成されてきたものであるが、近年グローバル化と日本社会の少子高齢化の影響を受けて変容を遂げつつある。この状況を把握し、対応を考えることは、これからの法律家にとって極めて重要な課題である。
  2. 主として公法・国際法の法的基礎知識を前提に、それが外国人の分野にどのように適用されてきたかを考察する。
  3. とくに入管難民法の分野において、具体的問題を取り上げながら、その法的構造について考える。

授業の工夫

外国人をめぐる法と政策は、法科大学院の1、2年次の授業では、 十分な知識が提供されているとは言い難い。しかし、一方で、この問 題は、現代日本社会の今後のあり方にとって、一つの焦点となってい るものであり、その変動の状況と要因を学ぶことは、法律家にとって ますます重要となりつつある。他方、この分野は、法律基本科目で提 供されている知識を、ごく先端的な分野で発展・応用することができ るかどうかを試すための、格好の素材を提供している。

授業では、このようなことを踏まえ、国際法担当の研究者教員がコ ーディネータ兼大部分の講義の担当者となって基幹的知識を提供する とともに、他の法律分野および外国人政策の研究者教員、ならびに実 務家の参加を得て、多方面から光を当てることとしている。

現実にどのような問題が生じているか、問題の具体的側面を意識し ながら、法理論の立場からはどう考えればよいのか、を常に考えられ るよう工夫をしたつもりである。

また、時間の制約もあるが、可能な限り発問をして双方向の講義と なるよう努めた。

最終更新日:2011年11月24日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/