サイトマップお問合せヘルプ
シラバス
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • ※平成29年度学生募集停止
    • オープンキャンパス
    • 名大の研究指導
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 情報文化学部 >
  3. システム論の基礎 >
  4. シラバス
授業ホームシラバス講義資料

参考文献

  • B.M.Richmond 著(バーシティウェーブ訳)「システム思考入門1」カットシステム
  • D.H.Kimら著(宮川ら訳)「システム・シンキングトレーニングブック」日本能率協会
  • その他:(適宜、プリントを配布する。また、授業ごとに指示する。)

授業期間中の課題・宿題等

  1. 配布されたプリントの復習を怠らないこと。
  2. 3〜4回程度の宿題(レポート)を課す。
  3. システムダイナミクスの演習を課すこともある。

講義スケジュール

以下のプランに沿って講義を進める。ただし、講義内容は部分的に変更されることもある。

講義内容
1 授業の目的、ガイダンス、システムとは—佐野充
2 システム思考、システムの見方:トップダウンとボトムアップ
ー佐野充
3 システム原型1(応急措置の失敗、問題の転嫁)—佐野充
4 システム原型2(成功の限界、目標のなし崩し)—佐野充
5 システム原型3(成長と投資不足、成功には成功を)—佐野充
6 システム原型4(エスカレート、共有地の悲劇)—佐野充
システムの例1 地球システム—氏原温
8 システムの例2 生態システム—依田憲
9 システムの例3 社会システム—丸山康司
10 システムの例4 経済システム—黒田達朗
11 システムの例5 集団システム—唐沢穣
12 システムの例6 認知システム—川口潤
13 システムのまとめ
14
15 システムのまとめ・期末試験

             

 

成績評価方法・基準

評価は数回のレポートや出席状況、期末試験による。

最終更新日:2012年10月18日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/