サイトマップお問合せヘルプ
授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 国際言語文化研究科 >
  3. ジェンダーとセクシュアリティ >
  4. 授業ホーム
授業ホームシラバス講義資料

Loading the player...

開講部局:国際言語文化研究科

松下千雅子 准教授

ジェンダーとセクシュアリティ

授業時間 2011年度通年前期火曜2限 後期火曜2限
対象者 国際言語文化研究科 国際多元文化専攻

4単位、週1回全30回

授業の内容

父、母、子という三角関係によって成り立つファミリー・ロマンスは、どのようにして生まれたのか?なぜ、父、母、子でなければならないのか?そこに存在する法則とは何か?これらの問題を考えるために、授業では、まずレヴィ=ストロースによる家族構造の考察と、精神分析理論における父、母、子の関係を紹介する。その後で、ファミリー・ロマンスの解体に向けて、脱構築と言説理論およびクィア理論の可能性をそれぞれ模索する。そうすることにより、脱ファミリー・ロマンス後の家族像を、新たに「クィア・ファミリー」として提示し、その可能性を考えてみたい。

授業の工夫

学生には自分の意見を持って欲しいので、発表者には文献の正確な読みとともに、必ず自分なりの反論や問題点を挙げてもらうようにしている。授業では、ディスカッションの時間を多くとり、受講者が自分の意見を言いやすい環境を作ることを心がけている。理論の説明および参考文献の紹介と、ディスカッションの方向付けや軌道修正が、授業での私の主な役割である。

学習成果

後期末に課題2として提出された論文が、加筆修正を経て、研究雑誌に掲載された。

高橋すみれ「やおい化する視線、その戦略にむけて—『DEATH NOTE』同人漫画を例に」 『女性学年報』26号

最終更新日:2007年01月15日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/