授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 国際言語文化研究科 >
  3. 現代中国語表現論ab >
  4. 授業ホーム
授業ホームシラバス講義資料

Loading the player...

開講部局:国際言語文化研究科

丸尾誠 教授

現代中国語表現論ab

授業時間 2011年度通年後期月曜3限 前期月曜3限
対象者 国際言語文化研究科および文学研究科の大学院生

a,bそれぞれ2単位、週1回全15回

授業の内容

中国語学の諸問題を扱う。現代中国語におけるある言語事象について、その問題の所在を明らかにするとともに、形式・意味・語用・認知などの側面から、総合的に分析を加えていく。

授業の工夫

講義時には、一般言語学的な視点も交えて、現代中国語の文法事項について相対的に論じている。一般言語学における言語理論が、往々にしてその特異性ばかりが強調されがちである中国語という言語を分析する際に、どこまで有用かという問題についても併せて考えるよう心がけている。受講生の大半を中国大陸・台湾からの留学生が占めていることもあって、授業で扱う中国語の個々の用例や事象について興味深い指摘が得られることも少なくない。自由に討論できる雰囲気ではあるものの、発言を単なる個人の語感に基づく恣意的なものに留めておくのではなく、当該の概念が中国語の文法体系の中でどのように位置付けられるのか、または他の文法事象とどのような関連を有しているのかといったことを踏まえた議論が展開できるよう配慮している。

履修の前提として言語学・日本語学・英語学などの知識をある程度有することが望ましいこともあり、専門外の学生については、必要に応じて当該事項や概念・用語を調べてくることを別途課題として課すこともある。

最終更新日:2011年12月06日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/