授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • ※平成29年度学生募集停止
    • オープンキャンパス
    • 名大の研究指導
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 文学部・人文学研究科 >
  3. 「モデル小説」から見るプライヴァシーの近代 >
  4. 授業ホーム
授業ホームシラバス講義資料

Loading the player...

開講部局:文学部・文学研究科

日比嘉高 准教授

「モデル小説」から見るプライヴァシーの近代

授業時間 2009年度後期木曜5限
対象者 文学部3年生以上

2単位、週1回全15回

授業の内容

「モデル問題」は、小説の登場人物のモデルとされた者が、何らかの形で抗議することによって起こります。明治以来、さまざまな「モデル問題」が生じましたが、それが〈問題〉となった理由もまたさまざまでした。小説家がなにを書きたいのか、モデルは何に腹を立てたのか、どのような文芸思潮がその時代を支配し、どのような「常識」が人々を規定していたのか。複雑な要因が絡み合って起こる「モデル問題」を時系列にそって眺めていくと、文学と社会の関係——とりわけ小説表現と〈私的領域〉との衝突のありさま——は時代によって変化するということが如実にみえてきます。

この講義では、現在における「モデル問題」のあり方を出発点とし、さかのぼりながら明治期におけるその初発期の様相を探ります。トピックは三つあります。表現の自由とモデルの保護に関する現代的感覚の登場があらわになった柳美里『石に泳ぐ魚』とその裁判(一九九四〜 )、日本のリアリズム文学の立役者の一人でありモデルとのトラブルの絶えなかった作家でもある島崎藤村の軌跡(一九〇〇〜一〇年代)、日本で初めてモデル問題により発売禁止処分を受けた内田魯庵の「破垣」(一九〇一)です。

授業の工夫

大学の授業の中にも目標に応じていくつかのタイプがあります。その学問への導入を行うもの、発展的な各論を深めるもの、社会の中で役立つ知的スキルを修得するもの、などさまざまです。この授業では、私が目下考えている研究テーマについて半年間講義しました。

しかし、いきなり明治大正時代の小説とその社会的背景の詳細な考察に入るのも学部の学生には敷居が高いでしょう。そこでこの講義では、時代順を逆さまにし、少し前に話題となった現代作家の「モデル問題」についての話題から始めることにしました。自分が捉えたものを自分のスタイルで描きたい小説家と、小説なんかに自分自身のことを描かれ発表されては困るモデルとの間の葛藤。両者のいさかいに、その社会がもっているさまざまな規範や常識が影を投げかけます。現代のトピックから問題の輪郭をつかみ、徐々に百年前の事件にも考察の幅が拡げられるように配慮しました。

私たちの社会がいかに変わり、いかに変わらないか。具体的な文学の表現と、当事者・関係者の言葉のリアルな感触から、考えていってもらえれば幸いです。

最終更新日:2011年09月05日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/