授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • ※平成29年度学生募集停止
    • オープンキャンパス
    • 名大の研究指導
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 文学部・人文学研究科 >
  3. 古代手工業生産史の考古学的研究—国分寺瓦を題材として— >
  4. 授業ホーム
授業ホームシラバス講義資料

Loading the player...

開講部局:文学部・文学研究科

梶原義実 准教授

古代手工業生産史の考古学的研究—国分寺瓦を題材として—

授業時間 2009年度後期月曜4限
対象者 文学部2年生以上

2単位、週1回全15回

授業の内容

日本古代の手工業生産について、おもに奈良時代における国分寺創建期の地方造瓦組織を題材として、その地域的諸様相を検討し、律令制の成立から変質、崩壊という過程において、どのような変遷を遂げていくかを論じる。

講義の目的としては、古代手工業生産に関する知識の取得ばかりでなく、本講義における担当者の研究手法を通して、受講者が自らの研究対象を深めていくにあたっての論理的思考や叙述能力を涵養することが望まれる。

授業の工夫

ほんの数十年前までの歴史学の中では、考古学という学問は、あくまで文献の残っていない時代、縄文時代とか弥生時代、せいぜい古墳時代くらいまでの研究をおこなうものであり、『日本書紀』などの正史の記述の信憑性が高くなってくる飛鳥期以降は、歴史復原においてはあくまで文献史学が本道であり、歴史考古学と呼ばれる研究分野は、補助学程度にとらえられてきていました。

しかしながら近年では、発掘調査による出土資料の増加や、歴史時代の遺構・遺物に関する研究の進展はめざましいものがあります。とくに文献に記載のすくない、古代の地方の様相や手工業生産のあり方、産業経済史的な視点においては、同時代資料である考古学の成果は無視できないものとなってきています。

<

p>この講義では、型式学的研究法をはじめとした、遺物から情報を引き出すための考古学的な方法論を駆使しつつ、考古学による律令期の地方行政の実態、手工業生産の管掌のあり方などについての復原をおこなっていきます。考古学による研究成果と、古尾谷先生の講義にみられるような文献史学の成果を融合させることで、律令社会の実態により近づくことができると考えております。

最終更新日:2011年08月05日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/