サイトマップお問合せヘルプ
シラバス
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • ※平成29年度学生募集停止
    • オープンキャンパス
    • 名大の研究指導
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 教育学部・教育発達科学研究科 >
  3. 心理行動科学実験演習3(検査・測定法) >
  4. シラバス
授業ホームシラバス講義資料

到達目標

心理検査を実施し、検査結果をレポートとしてまとめる。個々の心理検査に関する学習ではなく、教育・臨床場面等における心理アセスメントの実践的な方法論について学習をする。

教科書

心理検査の用具とマニュアルは授業時間に貸与する。その他の資料は適宜プリントで配布する。

その他の注意

授業時間内に心理検査を実施するため遅刻・欠席をしないこと 。

参考資料

  • 軽度発達障害の心理アセスメント—WISC‐3の上手な利用と事例 上野一彦、服部美佳子、海津亜希子編 日本文化科学社 2005年
  • 心理テスト法入門—基礎知識と技法習得のために 松原達哉著 日本文化科学社 2002年

講義計画

講義内容
1 心理アセスメントの基礎理論 I
心理アセスメントの概要について、様々な検査法、その背景となる理論的理解を深める。
2 心理アセスメントの基礎理論 II
心理検査の作成の手順について、人格検査を実際に自分で体験をしながら理解を深める。
3 乳幼児期のアセスメント I
乳幼児期の発達アセスメントについて、質問紙法、検査法について理解を深める。
4 乳幼児期のアセスメント II
仮想事例をもとに、検査の実際を検討することで理解を深める。
5 児童期のアセスメント I
知能検査の理論的背景や、知能検査の成り立ちについて理解を深める。
6 児童期のアセスメント II
仮想事例をもとに、検査の実際を検討することで理解を深める。
7 WISC-III の使用法の学習 I
WISC-III の使用法と結果の出し方、解釈の仕方を学習する。
8 WISC-III の使用法の学習 II
グループごとにロールプレイを行い、WISC-III の使用法・評価法について習熟する。
9 対象年齢層の子どもに対して、主として WISC-III を実施し、検査結果をレポートとしてまとめる。
10 認知機能検査とテストバッテリー I
心理アセスメントの実践的な方法論、教育・臨床場面における実践的な方法論について学習する。
11 認知機能検査とテストバッテリー II
テストバッテリーの組み方と解釈について、仮想事例をもとに検査の実際を検討することで理解を深める。
12 人格検査の実際 I
人格検査について質問紙法・投影法などについて理解する。
13 人格検査の実際 II
人格検査の一つである作業検査法について自ら体験し、検査結果の整理をする。
14 WISC-III の検査結果の検討 I
実際にとってきた知能テストの結果をもとにグループでディスカッションを行う。
15 WISC-III の検査結果の検討 II
各グループでのディスカッションを踏まえ、心理アセスメントについて全体的な討議を行う。

成績評価

授業態度(20%)とレポート(80%)

最終更新日:2011年05月10日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/