サイトマップお問合せヘルプ
授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 情報科学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 退職記念講義アーカイブ >
  3. 退職記念講義2009 >
  4. 最終講義 - 環境システム学−回顧と展望− >
  5. 授業ホーム
授業ホーム講師紹介講義資料

Loading the player...

開講部局:環境学研究科

井村秀文 教授

最終講義 - 環境システム学−回顧と展望−

授業時間 2009年度退職記念講義
日時 2010/3/12 16:30-18:30
場所 名古屋マリオットアソシアホテル16階アイリス

環境問題と環境学の今昔

現在、環境問題、とりわけ気候変動などの地球規模の環境 問題が世界的な重要問題となり、多くの大学で環境という語 を冠する学部・学科、研究科・専攻や研究所が存在していま す。私の学生時代-1960~70年代-を想い起すと隔世の感が します。 とすれば結果としてはよかったかと思っています。 大学院博士課程時代は、非平衡系の熱・統計力学を勉強し ていたのですが、ローマクラブの「成長の限界」報告書に触 れてから、自然と人間が一体として織り成す複雑系のシステ ム・ダイナミックスに興味を持ち、それが現在まで一貫した 自分の興味の中心となっています。大学院修了後、設立間も なかった環境庁に入り、14年余を国、地方、国際機関での環 境政策に従事しましたが、経済官庁や産業界の抵抗も強く、
40過ぎに九州大学の招きを受けて大学教員に転身し、2000 年に名大に移りました。若いころ得意だったつもりの数学な どが全然できなくなっており、勉強やり直しの毎日でした が、行政で得た経験や知識を教育研究に活かすことができた 環境に光が当たる現在、心配するのは「環境学栄えて環境滅ぶ」の事 態です。
最近痛感するのは、日本の大学の国際化の遅れと、学生に 見られる内向き思考です。名大が、世界中の学生を強く惹き つける大学に発展することを期待しています。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/