サイトマップお問合せヘルプ
授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • ※平成29年度学生募集停止
    • オープンキャンパス
    • 名大の研究指導
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 退職記念講義アーカイブ >
  3. 退職記念講義2009 >
  4. 最終講義 - 『密約』調査を終えて >
  5. 授業ホーム
授業ホーム講師紹介講義資料

Loading the player...

開講部局:国際言語文化研究科

春名幹男 教授

最終講義 - 『密約』調査を終えて

授業時間 2009年度退職記念講義
日時 2010/02/12 14:00-15:30
場所 IB電子情報館2階大講義室

「実務家教員」ことジャーナリストとして

平成19年度から3年間、「実務家教員」として、みなさんの仲間に入れていただきました。貴重な経験でした。私自身は自分のことを勝手に Journalist-in-Residence と自称してきました。「大学駐在のジャーナリスト」とでも訳せばいいでしょうか。米国務省やホワイトハウスで一緒に取材した米国人記者たちが今そんな肩書きで米国の大学で活躍しています。司馬遼太郎は「サラリーマンは社長を目指すが、記者は一体何になるのか」と問いましたが、私は「生涯一記者」です。在職中、取材・執筆も続けました。一昨年には「朝鮮半島有事の際、事前協議なしの在日米軍出撃」を認めた密約文書を米国出張で発掘し、「大学発のスクープ」と銘打ちました。退職後はもっと取材・執筆に打ち込みたい、と楽しみにしています。

さてジャーナリストに必要なものとは何でしょう。見識とアクセス、だと私は思います。見識があっても、政府などの 取材先へのアクセスがないと取材ができません。しかし、今の日本のジャーナリズムはアクセスを過剰に重視し、報道の意義など問わず「特ダネ」をと奨励しています。歴史観も世界観も哲学もなく、目先の特ダネを追っていると社会は堕落し、メディアは廃れます。見識を磨く、という意味で、本学に在籍できたのは幸せでした。骨太のジャーナリストを育てる夢は未完ですが、志願者が 倍増になったメディアプロフェッショナル論講座のこれからに期待したいと思います。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/