サイトマップお問合せヘルプ
授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 環境学研究科
    • 情報科学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 退職記念講義アーカイブ >
  3. 退職記念講義2009 >
  4. 最終講義 - “自然に学ぶ”フィールドワーク40年 >
  5. 授業ホーム
授業ホーム講師紹介講義資料

Loading the player...

開講部局:博物館

足立守 教授

最終講義 - “自然に学ぶ”フィールドワーク40年

授業時間 2009年度退職記念講義
日時 2010/03/13 15:30-17:00
場所 環境総合館1階レクチャーホール

博物館での10年

理学部地球科学教室の助手として赴任したのが1979年4 月なので、ちょうど31年間名古屋大学でお世話になりました。 この間、2000年に新設の大学博物館に移ってからは、“博物館”という既成概念にとらわれず名古屋大学らしさをどうやって出すかを考えて、組織の立ち上げと整備に全力投球しました。その結果、ミューズセラピー(Musetherapy)というコンセプトに基づく博物館コンサート、野外観察園とセミナーハウス、東山キャンパス全体をキャンパス・ミュージ アムにする構想などは実現しましたが、残念ながら当初からの夢であった新館はできませんでした。

担当した展示で最も印象に残っているのは、2001年の特別展『野依良治 - ノーベル賞への道』です。「キラル触媒による不斉反応の研究」というノーベル化学賞の理解に悪戦苦闘しながら、野依先生に提供してもらった写真を使って、 3 週 間で展示パネルを完成させました。振り返ってみると、当時はまだ少し若く馬力があったのだと思います。野依展の最終日には、スウェーデン産花崗岩で造ったノーベル賞記念碑の除幕式とアスナロの記念植樹が博物館の前庭で行なわれましたが、それがついこのあいだのように思われます。この2001年の経験が2008年の小林・益川・下村 3 博士のノーベル賞展示に大きく役立ちました。博物館在職の10年間に、2 度のノーベル賞展示を始めとする様々なイベントを開催することができたのは幸運でした。暖かいご支援を下さった学内外の多くの方々に心からお礼申し上げます。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/