サイトマップお問合せヘルプ
授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 環境学研究科
    • 情報科学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 退職記念講義アーカイブ >
  3. 退職記念講義2009 >
  4. 最終講義 - 光は光速を超えて 〜素粒子探求のゆくえ〜 >
  5. 授業ホーム
授業ホーム講師紹介講義資料

開講部局:理学部・理学研究科

大島隆義 教授

最終講義 - 光は光速を超えて 〜素粒子探求のゆくえ〜

授業時間 2009年度退職記念講義
日時 2010/3/2 15:50-16:50
場所 理学部B5講義室(B館501号室)

奔り通して

名大物理教室の懐の深さによって大学院入試で辛うじてすくい取られ、自由闊達な雰囲気のもとで鍛えられ育まれた。博士取得後の海外での武者修行ののち、東大原子核研究所、高エネルギー研究所での研究三昧の15年間を過ごし、そして15年前に古巣の物理教室に回遊した。素粒子物理にロマンを求め、力いっぱい好き勝手な作品をいろいろと制作した。ニュートリノ質量測定からタウ・レプトンによる新素粒子世界の探索などと、そのつど研究チームを組織し、果敢に挑み続けた。また、教育にもたずさわることができ、新たに学び、かつ教える楽しみも満喫できた。この間、実に多くの多くの先輩や先生方に大いに可愛がられ、教えを受け、ここまで辿りつくことができた。同僚や学生にも恵まれた。感謝いっぱいである。若さと体力と気力で、奔り通した。

伊予・宇和島にこぢんまりとした庭園がある。天赦園という。「馬上に少年過ぎ 世は平らにして白髪多し 残躯は天の赦す所 楽しまずして是を如何せん」という句に因んだもの。これからは心の天赦園で楽しませてもらおう。世の中が奔流として急激に変化している。理念、思想、大戦略がなく、先が見通せない。例外なく、大学もこの奔流の渦中にある。益々厳しくなる今後ですが、名古屋大学のみなさまの一層のご活躍と発展をお祈りします。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/