サイトマップお問合せヘルプ
授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 環境学研究科
    • 情報科学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 退職記念講義アーカイブ >
  3. 退職記念講義2009 >
  4. 最終講義 - 失敗した事、やり残した事 −名古屋大学での19年 >
  5. 授業ホーム
授業ホーム講師紹介講義資料

Loading the player...

開講部局:環境学研究科

田中剛 教授

最終講義 - 失敗した事、やり残した事 −名古屋大学での19年

授業時間 2009年度退職記念講義
日時 2010/3/13 13:00-14:00
場所 環境総合館レクチャーホール

定年雑感

「無事定年を迎えられおめでとうございます」名古屋大学に移り来て19年、先輩の先生方がこの言葉で送られるのを見るたびに「何がおめでたいものか!あの先生はもっともっと研究したいはずなのに…かわいそうに」と思って来た。自分が定年を迎える今、この定式化された言葉にもううーんと納得させられる点が見えて来た。自分の能力(効率)を意欲の低下である。最先端(今流行でなく)にいるワクワク感が少なくなって来た。そうか、あの言葉はなぐさめの言葉だったのだ。

前任の国立研究所になかった事は、頑張る学生の存在である。セリウム同位体、岩石風化の構造規制、安定同位体分別、学生からのあおられとワクワク感の共有が研究を進める大きな原動力となった。外国から来てくれた多くの研究員や学生達も、生きた世界の文化を伝えてくれた。ああ、彼の地へ行ってみたい、そんな思いも度々であった。やはり大学は文化の坩堝なのだろうか。

心残りは、学生に「論文を書く」事を口酸っぱく教えたり実行しなかった事である。着任当初は「○○理学部長と松田聖子はどちらが偉いか」などという話しもよくさせてもらった。第2次安保時代に学生だった名残であろう?

で、私はこれから何をやるのか?まだまだ面白いバクチがある。もっとその先を見たい。あきらめの悪さが今日の本心である。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/