サイトマップお問合せヘルプ
授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 名古屋大学公開講座 >
  3. メディアの報道は信じられるか >
  4. 授業ホーム
授業ホーム講師紹介講義資料

開講部局:研究協力部社会連携課

春名幹男 教授

メディアの報道は信じられるか

授業時間 2009年度公開講座
対象者 満18才以上の方

講義内容

日常的に伝えられるメディア報道は、いちいち検証を必要とする時代になったようだ。昔から虚報、誤報のたぐいは多々あるが、近年は民主主義、あるいは安全保障上からみてもゆゆしき問題を引き起こすケースが目立っている。拉致問題、オウム真理教、北朝鮮のミサイル発射など豊富な事例を挙げて、問題点をえぐり出したいと思う。また、中川昭一財務相(当時)の「酔いどれ会見」問題などから、記者と取材源の間で過度の癒着も顕著になった。インターネットの時代こそ、従来のジャーナリズムが実力を発揮すべきだが、逆にジャーナリズムは質的に低下し、信頼を失った。その原因と問題点を探っていきたい。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/