サイトマップお問合せヘルプ
授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 国際言語文化研究科 >
  3. 先端文化思想論ab >
  4. 授業ホーム
授業ホームシラバス講義資料

Loading the player...

開講部局:国際言語文化研究科

越智和弘 教授

先端文化思想論ab

授業時間 2012年度通年後期火曜3限 前期火曜3限
対象者 国際言語文化研究科 国際多元文化専攻

4単位、週1回全30回

授業の内容

<前期>
 ひとつの文化が幾多ある文化を凌駕し支配文明の高みにいたるには、文化の個別性を超越した「だれもが参加しうる」人間関係を作り出せることが条件となる。16世紀にアルプス北方ヨーロッパに誕生した近代資本主義は、民主主義とならび、まさに「だれもが参加しうる」システムとなるべく今日まで発展しつづけてきた。
 しかし本講義が問題にするのは、普遍を標榜しているはずの資本主義が、その誕生の起源に目を向けると、じつは普遍とあまりにかけ離れた特殊な目的を志向していたことである。資本主義を支える職業倫理が、16世紀の宗教改革を契機とする禁欲の世俗化をとおして生まれたことは広く知られている。ただここで問題となるのは、なぜ性を極度に恐れ嫌う禁欲の倫理観が、とりわけアルプス北方のドイツ語圏を中心に強く浸透したのかという点がひとつ。いまひとつは、これほど普遍に無関心な禁欲の倫理から、いかにして「だれもが参加しうる」資本の論理が発展し得たのかである。この2点を視野に入れながら、西欧という支配文明が、じつは相反する二重構造からなる流れとして発展してきたことを明らかにする。

<後期>
 なぜ20世紀後半期になって、資本主義最大の障碍とみなされてきた性と女性を解放する動きが活発化したのか。当時西欧の若者たちは何に対抗し、何を求めたのか。そうしたなかで、女性はどういう位置づけにあったのか。こうした時代意識の先端を自らの身体を舞台に表現した、キャロリー・シュニーマン、ヴァリー・エクスポート、レベッカ・ホルン、シンディ・シャーマンら女性アーティストの作品を紹介するなかから、文化という地理的な隔たりと、時代という歴史的な隔たりにより、今日の人びとにとっては理解が困難と化した、西欧の女性が長きにわたっておかれてきた性的体現者としての姿を浮き彫りにする。
 その結果明らかにされる問題は、じつは性の解放も女性たちが主体的に求めた思い込みとは裏腹に、資本が仕組んだ戦略であった可能性である。性と女性を邪悪と罪悪の呪縛から解き放つことは、20世紀前半期にいたるまでまともな労働力として取り込めていなかった女性と非西欧人を、男性と同等に均質化された労働力として動員するうえで、是非とも行わなければならなかった作業である。最後の障害であったセクシュアリティをセックスに還元することで、すべてを商品化する道を開いた時期として性と女性の解放運動を位置づける。

授業の工夫

  • 身近でありながら語ることが避けられがちな女性と性をテーマにしていることから、受講者それぞれがすでに持っている先入観に配慮しつつ、そうした固定観念を相対化しうる視点を養うための多角的な情報を提供することに力を注いだ。
  • 男女間の不平等がとかく労働市場における不均衡の問題に還元されがちななか、資本主義が支配する今日ある世界そのものが、じつは隅々にまで男性的に規定されたうえで成り立っている事実を、まず理解してもらい、そのうえで女性の権利の獲得や地位の向上が意味することを考えるための問題提起を心がけた。
  • 女性と性を解放する意識の高まりが、今日では時間的地理的隔たりから共有しにくくなっている現実を認識し、またそれがどうして共有しえなくなったのかを考えてもらうよう授業を進めるなかで工夫した。
  • 複雑に交錯する思想や史実をめぐる問題を、視覚的に分かりやすく理解してもらうために、授業ごとに提示するKeynoteによるプレゼンテーション教材の充実に努めた。
最終更新日:2012年04月10日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/