サイトマップお問合せヘルプ
授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • ※平成29年度学生募集停止
    • TOPICS Back No.
    • オープンキャンパス
    • 名大の研究指導
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2017
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 退職記念講義アーカイブ >
  3. 退職記念講義2008 >
  4. 最終講義 - 環境放射能研究40年 >
  5. 授業ホーム
授業ホーム講師紹介講義資料

開講部局:工学部・工学研究科

飯田孝夫 教授

最終講義 - 環境放射能研究40年

授業時間 2008年度退職記念講義
日時 2009/3/13 14:30-16:00
場所 工学部2号館 南館4階 241講義室

安全と信頼

最近、「安全と安心」という言葉をよく目や耳にします。科学技術や社会のシステムに対する信頼の揺らぎが背景にあ ります。しかし、規制や罰則の強化に基づいた安心ではなく、信頼に基づいた安心感の醸成に努めるべきです。

工学研究科の放射線取扱主任者を10年以上担当してきました。学内の安全保障委員会委員や原子力委員会委員長とし て、大学内の放射線安全の確保にも努力してきました。約10年前のことです。工学部の放射線管理室に住宅建設関係者か ら電話がありました。名古屋大学の敷地境界近くに新築された住宅の購入希望者から、大学からの放射線の影響について の質問を受けているので、説明を求める内容でした。大学内の放射線利用の現状、敷地境界での年間最大被曝線量の見積 もり、放射線の健康影響について説明をしました。原子力発電所や核関連施設のような大型施設だけが周辺住民の反対運 動を受けると思いがちです。社会に有益な研究を行っているとの意識があっても、大学の周辺住民に影響のある事故を起 こせば問題は顕在化します。このような問題は化学物質、バイオ、騒音等にも当てはまります。外部に危険な物質等を放 出する可能性のある施設は、大学の敷地の端ではなく、できるだけ中央に設置すべきです。地域住民との問題の発生を避 けるためには、日常的に緊密なコミュニケーションを取り、信頼のある関係の構築に心がける必要があります。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/