サイトマップお問合せヘルプ
授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 環境学研究科
    • 情報科学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 退職記念講義アーカイブ >
  3. 退職記念講義2008 >
  4. 最終講義 - スピン偏極電子源の開発と応用分野の開拓 >
  5. 授業ホーム
授業ホーム講師紹介講義資料

開講部局:理学部・理学研究科

中西彊 教授

最終講義 - スピン偏極電子源の開発と応用分野の開拓

授業時間 2008年度退職記念講義
日時 2009/3/2 13:40-14:40
場所 理学部B館B5講義室

“スピン偏極電子ビーム源”に魅せられて

思い返せば、スピン物理実験を志しまた坂田昌一先生にもあこがれて1968年に京大から本学の理学研究科へ入学して以来、大学院生あるいはスタッフとして41年間も研究に明け暮れる生活を送らせていただいた。最初はスピン偏極核子ターゲットの開発とハドロン実験、1980年代からはスピン偏極電子ビーム源の開発に取り組み今日に至った。このテーマは誰の指示でもなく唯々自分の意志で“種から芽を出す”仕事から始めた。それにもかかわらず、学内外の多くの研究者から半導体フォトカソード試作など“芽を育てる水”をいただいた。そのお陰で1991年にはスピン偏極度を従来の40%から86%へと大幅に更新する成果に行き着いた。それ以降も、いま話題の小林-益川理論の先にあるはずと予言される超対称性理論を検証するためのリニアコライダー、次世代・高輝度放射光加速器(ERL)、さらに最近は、電子顕微鏡に使うためと3種類の偏極電子源の開発に取り組んでいる。それぞれの実用化には“従来技術では達成できないビーム性能”が要求される。“現状を打破できる新手法を考案し手作りの装置でそれを実証してみせる”ことは苦労でもあり楽しみでもあった。これらの“苦楽”をともにしてくれたスタッフ、大学院生、共同研究者、ご支援して下さった皆様方にこの場を借りて厚く感謝申し上げます。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/