サイトマップお問合せヘルプ
シラバス
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • ※平成29年度学生募集停止
    • オープンキャンパス
    • 名大の研究指導
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 農学部・生命農学研究科 >
  3. 海外実地研修 >
  4. シラバス
授業ホームシラバス

講義の目的およびねらい

3年次までに習得した自然科学,社会科学および国内研修における農業現場の知識・経験等をもとに,異なる自然・文化・社会的背景をもった国の農業を直接視察し,その農業現場における問題点等を解析する.

具体的な講義内容

カンボジア タケオ州の農村について調査を行う.カンボジア王立農業大学の3年生とグループを組み,農村の視察,農民からの聞き取り調査に基づき,解析を行い,その結果を基に最終日にプレゼンテーションを行う.
日程は1週間程度,カンボジア側とのコミュニケーションはすべて英語を用いる.定員は10名程度,その人数に応じて同数のカンボジア人大学3年生が参加する.引率教員は日本側が5名程度,カンボジア側が5名程度参加し,現地での活動を補助する.
研修に先立ち,4回程度の事前研修を行い,カンボジアの歴史,社会,文化,農業などの産業等に関する基礎知識を得る.また研修後には事後研修を行い,研修の総括を行う.
日程や負担金等の詳細については追って掲示する.

教科書

なし

参考書

事前研修時に紹介する.

参考資料

カンボジア王立農業大学(Royal University of Agriculture; RUA)について

RUAはカンボジアにある9王立大学の一つであり,首都プノンペンの郊外にある.1964年に創設されたが,1975〜1978年のポルポト政権による知識人の大殺戮ならびに建造物破壊の深刻な影響を受けた.その後,名古屋大学やJICAの協力の下,教育プログラムが再編され,2002年に大学院修士課程,2006年に博士課程も設立されている.現在,学部は以下の8学部から構成されている.2006年度の学部生総数は1,531名であった.

  • Faculty of Agronomy Sciences
  • Faculty of Animal Science and Verterinary Medicine
  • Faculty of Forestry
  • Faculty of Fisheries
  • Faculty of Agricultural Technology and Management
  • Faculty of Agricultural Economics and Rural Development
  • Faculty of Agro-Industry
  • Faculty of Land Management and Land Administration

名大トピックスNo.190p.21 (PDF 文書, 13836KB)

課題

農業生産力とそれに伴う生活水準が対照的な2つの農村を訪問・調査し,なぜそのような差異が生じるのかを,講義や実験実習で得られた知識を総動員して考えよ.

1. 事前研修

研修予定者が全員集まり,カンボジアに関する基礎知識を習得し,研修の心得,注意事項ならびに研修内容に関する確認を行った.

講義内容
1 カンボジアの社会・文化・歴史
2 カンボジア農業の概要
カンボジアについて知っておくべきこと
3 現地調査の課題について説明
4 研修内容の確認,事務手続

2. 実地研修

平成21年1月 19日(月)〜1月 25日(日)
研修地:カンボジア プノンペンおよびタケオ州

研修内容
1 名古屋発,プノンペン着
2 研修のオープニング (於カンボジア王立農業大学RUA)
公開セミナー
グループディスカッション:自己紹介,農村での調査内容の話し合い
3 コショウ栽培販売農家への訪問 (プノンペン)
スーパーマーケット,セントラルマーケットでの農産物調査
マイクロバスにてタケオ州農村地域へ移動
4 村長から村の概要説明
村の農家への訪問・調査
5 村の農家への訪問・調査
米焼酎製造農家の見学
マイクロバスにてプノンペンへ移動
グループでの発表準備
6 グループ発表会 (於RUA)
研修のクロージング,修了証書の授与
プノンペン発
7 名古屋着
解散

 調査項目の打ち合わせ

調査項目の打ち合わせ

農家での聞き取り調査

農家での聞き取り調査

グループ発表

グループ発表

発表が終わって記念撮影

発表が終わって記念撮影

3. 事後研修

平成21年3月5日(木) 
研修の感想,反省点,次年度へ向けての提言などについて参加学生が発表を行った.

成績評価

単位(1単位)の可否は,事前研修,実地研修,事後研修への出席状況と発表内容を総合的に評価する.

最終更新日:2009年09月21日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/