授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 農学部・生命農学研究科 >
  3. 海外実地研修 >
  4. 授業ホーム
授業ホームシラバス

Loading the player...

開講部局:農学部・生命農学研究科

前多敬一郎 教授

海外実地研修

授業時間 2011年度集中講義
対象者 農学部 資源生物科学科3・4年生

1単位

授業の内容

※この講義は、担当教員により内容が多少変更されることがあります。

農業は人々の生存を保証し,国の基盤となる重要な産業であり,発展の先頭を切るべき産業です.他の産業同様,農業の発達には農業技術の普及は言うに及ばず,社会的あるいは経済的な基盤の整備が必要不可欠です.カンボジアは現在各国からの支援を受けながら急速に復興の進む途上国であり,このような発展途上にある国の農業を見ることにより,農業そのものの発達ばかりでなく,農業と社会との関わりをつぶさに体験することができると考えられます.農学部学生が3年生までの間に学んだ基礎的な知識や概念が,発展途上の農業へどのように生かされていくのかを学ぶことをこの研修の目的としています.このため,カンボジア首都プノンペンおよびタケオ州の農村地域において,カンボジア王立農業大学(RUA)の学生とともに農村を回り,自分で現場を見て農家の人達から直接話を聞き,開発途上国の農業の現状への理解を深めるプログラムを実施しました.参加学生には課題が与えられ,最終日にはRUAの教職員や学生の参加の下,発表会および修了式を行いました.平成20年度は,平成21年1月19日〜25日の1週間に渡って研修を行いました

学習成果

研修報告会で各グループが発表したスライドの一部を掲載.

パワポ1

パワポ2

パワポ3

パワポ4

パワポ5

パワポ6

パワポ7

パワポ8

パワポ9

パワポ10

パワポ11

最終更新日:2009年09月21日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/