サイトマップお問合せヘルプ
シラバス
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • ※平成29年度学生募集停止
    • オープンキャンパス
    • 名大の研究指導
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 農学部・生命農学研究科 >
  3. 生物圏環境学1 >
  4. シラバス
授業ホームシラバス講義資料

講義の内容

生物圏は周辺環境から一方的に影響を受けているだけでなく,生物圏の存在が周辺環境へも影響を与え,現在の生物圏が形成されていると考えられる.本講義では,生物圏が存在する地球の概要をまず理解し,水・エネルギー循環の視点から生物圏と環境の相互作用を学ぶ.特に,本講義では水・エネルギー循環の物理的特徴のみでなく,そこに働く生物圏の生理的・生態的影響の理解が深まることを目指す.なお,水・エネルギー循環は炭素などの物質循環とも密接に関連している現象であり,物質循環を理解する生物圏環境学2の基礎ともなる.

スケジュール

以下の内容を,講義します.なお,以下の項目は各回の講義と対応するものではありません.

基礎編

  1. 水循環の素過程(太田)
  2. 森林の存在と水収支(太田)
  3. 蒸発散の理論と実際(太田):乱流とエネルギー,物質輸送
  4. 蒸発散の理論と実際(太田):植生の影響とその評価
  5. 土壌内での水の運動(太田):流出の発生場
  6. 土壌内での水の運動(太田):飽和・不飽和状態での水の運動
  7. 山地における降雪,積雪と融雪(太田)

応用編

  1. 多様な気候帯の森林での水・エネルギー循環(太田):北方林と熱帯林
  2. 様々な地表面での水・エネルギー循環(小谷):森林,水田,草地,都市などの比較
  3. 土地被覆が混在する地表面での水・エネルギー循環の評価(小谷)

成績評価

定期試験、レポート(通常の講義時に不定期に課題を示す)、出席による総合評価をする

最終更新日:2009年05月19日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/