サイトマップお問合せヘルプ
シラバス
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • ※平成29年度学生募集停止
    • オープンキャンパス
    • 名大の研究指導
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 文学部・人文学研究科 >
  3. 中国西南の民族と歴史 >
  4. シラバス
授業ホームシラバス講義資料

授業の目標

この授業を通じて身につけてもらいたい内容は次のとおり。

  1. 中国西南の少数民族地帯の存在と、その歴史の概略を理解する。
  2. 中国文明の周辺における政治統合・民族意識の発生について理解する。
  3. 2のような動きが各地で並行的に生じていることについての認識を深める。
  4. 以上を通じて、中国を中心とするアジア世界(日本を含む)の歴史・文化について複眼的にとらえる視野を養う。

バックグラウンドとなる科目

中国史学史・中国史史料論
(基本的な中国史の概略、中国史の主要資料についての知識があることが望ましい。ただし重要事項については授業中でも触れるので、必須ではない)

参考文献 (順不同)

(中国少数民族一般) 

村松一弥『中国の少数民族』毎日新聞社,1973年

『中国少数民族』人民出版社,1981年

馬寅主編,君島久子監訳『概説中国の少数民族』 (1の翻訳) 三省堂,1987年

李家正文『中国古代の諸民族』木耳社,1989年

江応梁主編『中国民族史』 (上・中・下) 民族出版社,1990年

郭大烈・董建中 (編) 『中華民族知識通覧』雲南教育出版社,2000年

田継周『先秦民族史』四川民族出版社,1996年

田継周『秦漢民族史』四川民族出版社,1996年

白翠琴『魏晋南北朝民族史』四川民族出版社,1996年

盧勛,蕭之興,祝啓源『隋唐民族史』四川民族出版社,1996年

陳佳華[他]『宋遼金時期民族史』四川民族出版社,1996年

羅賢佑『元代民族史』四川民族出版社,1996年

楊紹猷,莫俊卿『明代民族史』四川民族出版社,1996年

楊学琛『清代民族史』四川民族出版社,1996年


 (雲南史一般) 

尤中『中国西南的古代民族』,雲南人民出版社,1980年。

尤中『雲南民族史』,雲南大学出版社,1994年。

馬曜主編『雲南簡史』,雲南人民出版社,1983年。

方国瑜『中国西南歴史地理校釋』中華書局,1987年。

方国瑜 (林超民主編) 『方国瑜文集』第一輯, 雲南教育出版社,1994年。

陸韌『雲南対外交通史』雲南民族出版社,1997年。


 (南詔・大理国史・白族史に関する研究) 

藤澤義美『西南中国民族史の研究−南詔国の史的研究−』大安,1969年。

白鳥芳郎『華南文化史研究』,六興出版,1985年。

牧野修二「南詔国における段氏の地位」『愛媛大学歴史学紀要』6,1959年。

牧野修二「南詔国の官制−中央官制を中心として」『愛媛大学紀要(人文科学)』6-1,1959年。

牧野巽『牧野巽著作集』4,お茶の水書房,1985年。

武内剛「南詔・大理国の国家構造に関する一考察」『立命館史学』第11号,1990年。

松田孝一「雲南行省の成立」『三田村博士古稀記念東洋史論叢』1980年。

林謙一郎「南詔国の成立」『東洋史研究』49-1,1990年。

林謙一郎「南詔・大理国の統治体制と支配」『東南アジア−歴史と文化−』28,1999年。

林謙一郎「南詔国後半期の対外遠征と国家構造」『史林』75-4,1992年。

林謙一郎「元代雲南の段氏総管」『東洋学報』78-3,1996年。

林謙一郎「「中国」と「東南アジア」のはざまで—雲南における初期国家形成」『岩波講座東南アジア史I原史東南アジア世界』岩波書店,2001年。

方慧「天暦兵変之後的段元関係」『雲南社会科学』1989-6。

方慧「行省・宗王・段氏並立時期的段元関係」『思想戦線』1989-6。

白族簡史編写組『白族簡史』,雲南人民出版社,1988年。

方齢貴「大理五華楼新出元碑史料価値初探」 (一)  (二) 『雲南文物』15・16,1984年。

木芹会証『南詔野史会証』雲南人民出版社,1990年。

王叔武校注『大理行記校注・雲南志略輯校』雲南民族出版社,1986年。

王雲・方齢貴「大理五華楼新出元碑選録并注釋」『西南古籍研究』 (雲大西南古籍研究所) 1,1985年。

楊仲録・張福三・張楠主編『南詔文化論』雲南人民出版社,1991年。

雲南省編集組『白族社会歴史調査』 (四) ,雲南人民出版社,1991年。  (大理白族世襲総管和土官世系調査/大理白族古代碑刻和墓誌選輯−張錫禄・田懐清) 

張旭『大理白族史探索』雲南人民出版社,1990年。

張錫禄『南詔与白族文化』華夏出版社,1991年。

趙鴻昌輯著・袁任遠審訂『南詔編年史稿』,雲南人民出版社,1994年。

段玉明『大理国史』,雲南人民出版社,2003年。


 (史料) 

方国瑜『雲南史料目録概説』中華書局,1984年。

楊世鈺主編『大理叢書金石編』中国社会科学出版社,1993年。

方国瑜 (主編) 『雲南史料叢刊』第一巻〜第十三巻,雲南大学出版社,1998年〜2002年。

大理州文聯 (編) 『大理古佚書鈔』,雲南人民出版社,2002年。

林謙一郎 (編) 「雲南・東南アジアに関する漢籍史料」
http://toyoshi.lit.nagoya-u.ac.jp/maruha/kanseki/

課題

過去に出題した試験問題は以下のようなものです (年度によって講義内容には違いがあります) 。
過去の試験問題一覧 (PDF 文書, 79KB)

スケジュール

講義内容
1 中国西南とその民族の概況(導入)
2 秦漢〜魏晋南朝:西南夷の「発見」と南中社会の成立1『史記』西南夷列伝と滇国
3 秦漢〜魏晋南朝:西南夷の「発見」と南中社会の成立2「滇人」と古代「洱海人」
4 秦漢〜魏晋南朝:西南夷の「発見」と南中社会の成立3「南中大姓」の出現
5 秦漢〜魏晋南朝:西南夷の「発見」と南中社会の成立4「南中大姓」と爨氏の「夷化」
6 隋唐の雲南経営と西南民族1隋〜唐初の南中経営
7 隋唐の雲南経営と西南民族2吐蕃の出現と西爨・東爨
8 唐代雲南の烏蛮と白蛮
9 南詔国による雲南統一1蒙氏の勃興と「反唐帰蕃」
10 南詔国による雲南統一2南詔国の国内体制
11 南詔国による雲南統一3南詔国の民族系統/再帰唐への道のり
12 南詔国後期の対外関係1再帰唐から成都侵攻まで
13 南詔国後期の対外関係2 9世紀後半の対唐軍事遠征
14 南詔国の滅亡(公主降嫁の末から王嵯の簒奪まで)
15 まとめ

成績評価

細かな事項を暗記することではなく、全体の流れをつかむことにこそ意義がある、ということで、細かな課題を出すことはしていません。成績評価は期末に行う論述試験によっておこないます。
期末試験は授業中に作成したノート(自筆に限る。他人のノートのコピーは不可)と、配付資料の持ち込みを許可し、ここでも記憶を試す試験ではなく、授業で学んだことをもとに受講者自身の考えを論述してもらうことに重点を置いています。

最終更新日:2011年01月18日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/