授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 文学部・人文学研究科 >
  3. 中国西南の民族と歴史 >
  4. 授業ホーム
授業ホームシラバス講義資料

Loading the player...

開講部局:文学部・文学研究科

林謙一郎 准教授

中国西南の民族と歴史

授業時間 2014年度後期月曜3限
対象者 文学部3・4年生

2単位、週1回全15回

授業の内容

この講義で扱う中国西南部の少数民族は、中国伝統王朝の周縁にあって、つねに中国文明と接触しながら自らの歴史・文化を形成してきました。歴史文献は常に多数派、この場合でいうと中国王朝の立場から書かれるものですが、私はそれを、少数派である西南民族の立場から読み直したとき何が見えてくるかを、皆さんとともに考えたいと思います。またこのような見方は中国と他のアジア諸国、近代の欧米とアジア諸国といった関係を考える上でも有益なのではないかと考えています。

授業の工夫

文学部の授業、特に歴史の授業となると、授業中は板書をノートに書き写すことに終始してしまうことが多いのではないかと思います。キレイにノートを取ってくれるのは嬉しいことですし、とくにこの授業で扱う内容は、日本語でかかれた参考文献がほとんどないため、写しておかないと不安になる、というのもわかります。
しかし、板書するような内容−重要な事件やその年代、地名、人名−を暗記させることがこの授業の目的ではありませんし、大学で学ぶ歴史学の求めるものでもありません。その時代・場所で物事がどのように推移していき、後の時代にどのような影響を与えたか、という「歴史の流れ」を感じ取ってほしいのです。
そこでこの授業では板書する代わりに毎回スライドを使い、重要事項もそこに写すようにしています。地図や写真などもふんだんに用意して、話題の中心、中国雲南省の様子を肌で感じてもらおうと努力しています。このスライドは授業の後で私のWEBページから参照できるようにしていますから、「書き漏らしてわからなくなる」心配はありません。これなら安心して講義の内容に集中し、古 (いにしえ) の雲南地方に思いをはせることができるでしょうか?

最終更新日:2011年01月18日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/