授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 文学部・文学研究科 >
  3. 古代国家と手工業 >
  4. 授業ホーム
授業ホームシラバス講義資料

開講部局:文学部・文学研究科

古尾谷知浩 教授

古代国家と手工業

授業時間 2011年度前期金曜3限
対象者 文学部3・4年生
文学研究科

2単位、週1回全15回

授業の内容

この講義は、文献史学の方法により、日本古代の律令国家が手工業生産をどのように支配しようとしたのか、という問題について、国家が掌握していない部分も視野に入れながら考えることを目的とします。今回は、その中でも瓦の生産を題材とします。まず、六国史、律令格式、正倉院文書などから、古代における瓦生産の基本的なあり方について整理した上で、次に発掘調査によって出土した文字瓦の分析を行います。瓦に記された箆書きの文字は、瓦を焼く前にしか記すことはできません。従って、箆書文字瓦の内容からは、生産現場の情報を知ることができます。文字瓦の分析に基づいて、国家による瓦生産の支配や、国家掌握外の瓦生産の問題について検討したいと思います。

授業の工夫

過去の歴史を研究する学問は、大きく文献史学と考古学に分かれます。過去の人間が文字によって記した史料に基づいて研究するのが文献史学で、過去の人間が作ったり使ったりした物に基づいて研究するのが考古学です。手工業史の研究には、物を作った人間あるいは人間の組織についての分析と、作られた物自体の研究が不可欠です。しかし、文献史料では、人間あるいは組織の側の事情は明らかになりますが、作られた物がどうだったのかということについては教えてくれません。一方、考古資料では、作られた物自体が研究資料として残されていますが、作った側の人間について直接には語ってくれません。物を作った人間が、その物自体に記した文字は、この両者をつなぐ可能性を秘めています。今回の講義では、あくまで文献史学の方法により、箆書きの文字瓦に着目することで、物を作った人間と、作られた物について総合的に分析して、手工業の歴史を明らかにしたいと考えます。

最終更新日:2011年01月18日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/