サイトマップお問合せヘルプ
授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 情報科学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 理学部・理学研究科 >
  3. 生物学各論 >
  4. 授業ホーム
授業ホームシラバス講義資料

Loading the player...

開講部局:理学部・理学研究科

東山哲也 教授

生物学各論

授業時間 2011年度前期木曜2限
対象者 理学部生命理学科3年

2単位、週1回全15回

授業の内容

植物を中心に生殖、遺伝、発生の分子機構について講義を行う。特に細胞間のコミュニケーションを担うシグナリング分子に着目することで、幅広く生物界を俯瞰する。

バクテリアから高等動植物に至るまで、個々の細胞は、他の細胞とコミュニケーションをとることで、生命の営みを維持している。それは細胞の増殖の協調や、細胞の出会い、位置情報や生理情報の交換といった、様々な局面で見られる。本講義では、特に細胞間シグナリング分子が発見されてきた経緯については詳しく紹介する。最終的には、細胞間シグナリングの様々な仕組みを理解することで、現在の多細胞生物を生み出してきた進化的背景についても考察したい。

授業の工夫

最新の研究成果も交えつつ、基本的な知識や、基本的な実験手法などについて説明します。できるだけ映像を使うことで、細胞の実際の動きや様子を伝えるようにします。第一回や第二回の授業において、生物や細胞の進化についても説明することで、さまざまな生物の系統関係について体系的に理解できるようにします。

最終更新日:2010年08月14日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/