サイトマップお問合せヘルプ
授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 環境学研究科
    • 情報科学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 工学部・工学研究科 >
  3. 情報デバイス工学特論 >
  4. 授業ホーム
授業ホームシラバス講義資料

Loading the player...

開講部局:工学部・工学研究科

中里和郎 教授

情報デバイス工学特論

授業時間 2011年度前期火曜3限
対象者 工学研究科電子工学分野博士前期課程1年

2単位、週1回全15回

授業の目的とねらい

  1. 情報処理に利用される電子デバイスの役割と、最新のCMOSテクノロジーの動向を把握する。
  2. CMOSデバイスの構造と動作原理を基礎から復習し、素子の動作を明確に理解する。
  3. CMOS集積回路の設計法を学ぶ。

授業の工夫

現在の電子機器はシリコン集積回路(IC:Integrated Circuit)で成り立っています。 その主流はCMOS集積回路で、半導体集積回路の90%以上を構成しています。 CMOS集積回路を理解すれば、電子機器を思うように使いこなしたり、自分用の電子機器を設計したり、将来の技術革新を予測したりすることができるようになります。 シリコン集積回路は半世紀に亘って、多くの研究者・技術者が結集して育ててきたため、広大な分野になっています。 本講座はその基礎となる概念を理解することを目標としました。 本講座の内容を習得すればCMOS集積回路について自信を持って接することができるようになるでしょう。

最終更新日:2011年04月25日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/