授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 情報科学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 文学部・文学研究科 >
  3. フィンランド語文法 >
  4. 授業ホーム
授業ホームシラバス講義資料

Loading the player...

開講部局:文学部・文学研究科

佐久間淳一 教授

フィンランド語文法

授業時間 2008年度前期火曜4限
対象者 文学部2年生以上、文学研究科博士前期課程、他学部3年生以上

2単位、週1回全15回

授業の内容

言語学は人間の言語のしくみを考える学問ですが、言語のしくみを解明するためには、できるだけ多くの、しかも異なるタイプの言語を知っておく必要があります。なぜなら、世界中の言語は何らかの共通性を持っているのですが、それが何であるのかを理解するためには、言語の多様性についての認識が欠かせないからです。この講義では、フィンランド語の文法の初歩を学びます。フィンランド語はヨーロッパで話されている言語ですが、英語やドイツ語、フランス語、ロシア語など他のヨーロッパの言語とは著しく異なる特徴を持っています。世界の多様な言語の一つとして、フィンランド語の特徴を知ることにより、人間の言語の多様性や普遍性について考えるきっかけにしたいと思います。

フィンランド語は、英語に比べると、はるかに語形変化の多い言語です。そのため、最初は大変に思うかもしれませんが、語形変化には一定のパターンがあり、そのパターンさえ覚えてしまえば、例外はほとんどありません。文法事項としては、名詞や動詞の語形変化の他、格の用法、疑問文や否定文の作り方、存在文や所有文、不定人称受動文の用法などを学びます。

授業の工夫

授業は週1回しかありません。言語の習得には、理屈抜きに覚えなければならないこともたくさんありますが、せっかく覚えても、次の授業が一週間後では、それまでに忘れてしまいます。となると、15回の授業が終わっても、結局何も身につかなかったということになりかねません。そうならないようにするためには、授業の回数を増やして、週に二、三回授業をするのが一番良いのでしょうが、時間割の都合でそれも難しいので、この授業では、毎回課題を出すことにしました。

課題を出すのは復習の習慣をつけるためですが、提出期限を次回の授業時にしてしまうと、当日の授業中に慌ててやる受講者も出てきます。また、受講者の理解度を確認し、その結果を次回の授業に反映するのも課題を出す目的なので、次回の授業までに課題の出来具合をチェックしておく必要があります。そのため、課題の提出は、授業のある火曜日から3日後、同じ週の金曜日を期限としました。また、提出された課題は、週末に採点して、次の授業時に返却しました。

授業中は、文法の学習ばかりだと集中力を持続させるのが難しいので、視聴覚資料を適宜利用すると共に、フィンランドの社会や文化についての話題も、できるだけ多く紹介するように努めました。

最終更新日:2009年09月03日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/